戸建てなのに自分の家の音がうるさい残念な間取り

戸建ての利点の一つは、外部からの音が遮断出来て、自宅内の音もご近所に響きにくくなることですよね。
これで音を気にせず心ゆったり暮らせると考えていたら、間取りが悪かったせいでかえってうるさい環境になってしまったという人もいます。
例えば、家族がゆったりくつろくリビングタイニングはとても重要なスペース。
その真上が子供部屋で、しかもフローリングなどになっていると、うるさくてとてもくつろげるような空間にはならない場合があります。
せっかくの戸建てですから、子供にものびのび遊んで欲しいという気持ちもありますが、やはり間取りは工夫したいところ。
音には伝わり方がありますから、フロアを重ねてダイレクトに伝わらないようチェックすることも重要です。
水が流れる配管設備や機械音がうるさくなる場合もありますし、キッチンの真上に寝室を置くのも安眠妨害の元。
活動空間とくつろぎ空間の重なりがないようレイアウトするのはなかなか難しいので、建築材や内装材なども含めて対策しておきたいですね。

最短4日間から利用できるウィークリーマンション

最新投稿